お知らせ

2020/11/09やっぱりすごい!ビタミンC

塗っても!飲んでも!ビタミンCは肌にも健康にも効きまくり!

 

身近な存在なだけにそれほど重要視してこなかった人も多いはず。でも実は、体内にあればあるだけ役に立つ、とても有能な健康成分。肌にどういい?体にどう効く?改めてそのパワーを調べました。

 

ビタミンCとは?

 

ビタミンCは、別名をアスコルビン酸と言います。生命を維持するのに欠かせない栄養素だけど、体内では作り出せないので、外から摂取するしかないのです。

外側からのアクションで見た目のキレイを手に入れる!


外側からビタミンCを取り入れるなら、手っ取り早いのが化粧品。肌にどんな効果があるのか、そのメリットやおさえておきたいポイントをレクチャーします!



 

ビタミンCは美肌にこんな効く!

 

美肌成分のエースといわれるビタミンC。肌にどんな効果をもたらすのか?




 

メラニン生成を抑えて白い肌に!


シミやくすみの原因となるメラニンを作らせないように働きかけ、活性酸素を分解して紫外線ダメージから皮膚細胞の遺伝子をガード。ニキビ跡などの色素沈着も緩和します。




開いてしまった毛穴を閉じる!


長期にわたる過剰な皮脂分泌や加齢によるたるみで開いてしまう毛穴。ビタミンCが皮脂分泌を低下させ、毛穴周辺の皮膚の弾力を回復させることで、毛穴はどんどん小さくなる!





大人のニキビを改善する!


大人のニキビは、イライラなどのストレスによって活発化する狠棒ホルモン瓩砲茲覯畩蠅僻藥虔泌が原因。ビタミンCはこうしたホルモンの増加を抑える効果があります。





フェイスラインが引き締まる!


コラーゲンの生成を促すことで、肌の弾力が回復。毛穴周辺の皮膚もハリも取り戻すため、毛穴はもちろんクレーターや頰のたるみも修復。ダイエットしなくても小顔効果を発揮!





紫外線に負けない肌になる!


紫外線など外的刺激に弱い肌は水分量が足りていない証拠。ビタミンCは肌の中で常に理想的な水分量をコントロールするセラミド(細胞間脂質)の合成を促し、強化。バリア機能・回復能力も高まり、夏でも健康的な肌をキープできる!





そもそもビタミンCって肌に浸透するの?



爛咼織潺C誘導体瓩瞭きで浸透します


天然型ビタミンCは水溶性で参加しやすい性質があり、油分を持つ肌になじみません。天然型ビタミンCを肌になじむ油溶性にし、かつ安定させるために人工的に作られたのが「ビタミンC誘導体」。肌の中に入ると天然型ビタミンCに変換されます。





レモンスライスでするパックは効果ないの?


悪くはないけどオススメはできません!


レモンなどフルーツに含まれるのは天然型ビタミンCなので肌の奥まで浸透しません。果汁成分が肌表面に残っているとかえってシミを作る原因になりますね。





塗るのと飲むのはどちらが効果的?



どちらも欠かせません!


体内で活性酸素を分解するビタミンC。脳や心臓などエネルギー活動が頻繁な臓器では常に大量のビタミンCが消費されるので、肌に届けるには別ルートが必要。