お知らせ

2020/07/28大豆はダイエットにおススメ‼

低糖質で高タンパクな「大豆」は、ダイエットに活用すれば健康的に痩せることができる方法の一つ。

大豆をそのまま使用したダイエット方法から、大豆製品を使ったものまで、大豆製品でダイエットする方法は様々です。

ダイエット以外にも肌ツヤを良くしたり、女性に嬉しい効果にも期待ができます。



 

大豆ダイエットとは?

大豆ダイエットは、大豆のみをひたすら食べるような置き換えダイエットとは異なり、通常の食事に大豆を取り入れるだけのシンプルな方法です。

同じものを食べ続けたり、食事制限をすることがないので、ストレスを感じにくいのがメリット。

大豆はどこでも手に入れやすく、様々な加工品もあるので飽きずに続けやすいのも嬉しいポイントです。



 

大豆のカロリーは太りにくい脂肪酸

茹で大豆のカロリーは100gあたり176kcal、乾燥大豆は100gあたり422kcalなので、茹でることで水分を含むため、カロリーカットができます。

乾燥大豆には脂質が多く含まれていますが、脂質の中でもオレイン酸やα-リノレン酸などの良い脂肪酸が大半を締めているので、高カロリーだからといって太りやすいというわけではありません。



 

大豆ダイエットの効果は主に3つ


 

…欧鱚採錣砲腹スッキリ!豊富に含んだ食物繊維による便秘解消効果

乾燥大豆の食物繊維量は100gあたり17.9g、茹で大豆には6.6g含まれています。

食物繊維による便秘解消効果を狙うなら、乾燥大豆を食べる方が効率がよいのでおすすめ。

そのまま食べるのは大変なので、きな粉や煎り大豆などで摂るとよいでしょう。

さらに大豆の食物繊維に含まれる「大豆オリゴ糖」が腸の中で善玉菌のエサとなり、腸内環境を整える働きも。

たっぷりの食物繊維と腸内環境を整えるオリゴ糖の相乗効果で、効率よく便秘を解消し、痩せやすく太りにくい体質へと近づけてくれます。


 

噛めば噛むほど満腹感が得られる効果! 

大豆は噛み応えがあるので満腹感を得やすい食べ物です。

よく噛むようにすることでさらに満腹感を得ることができます。

食前や間食に少量の大豆を食べることで適度な満腹感が得られ、食べ過ぎ防止にも役立ちます。

大豆ダイエット中は、小腹が空いたら大豆をよく噛んで食べるようにしましょう。


 

脂肪燃焼効果が期待できる!大豆サポニンによる脂肪蓄積抑制効果

大豆に含まれる「大豆サポニン」には脂肪を分解する酵素のリパーゼに働きかけ、吸収を抑制することで、食べたものが脂肪として蓄積するのを防ぐ働きがあります。

さらに「大豆イソフラボン」にも脂肪燃焼を助ける働きがあり、代謝の維持に役立つ成分です。

脂肪になるのを防ぎながら、脂肪燃焼を助けるので、大豆はダイエットに最適な食材だということがよくわかります。
 




その他の効果

・コレステロール値の改善

・疲労回復

・女性ホルモンのバランスに起因する幅広い不調の緩和

・肌や髪を艶やかに 

・健康維持



 

まとめ

大豆の持つ様々な効果はダイエットに限らず、健康維持に役立つものばかり。

便秘解消、食べ過ぎ防止、脂肪燃焼、代謝促進、疲労回復、コレステロール値の改善、美肌、美髪、女性特有の不調緩和など嬉しい効果がたくさんあります。無理な食事制限もなく、長く続けやすいのも◎。

大豆食品を上手に取り入れて、効率よく、かつキレイをキープしながらスリムなボディを目指しましょ😊