美容・健康・ダイエット・黒酢シリーズ、健康食品や指定医薬部外品の通販公式サイト by 株式会社アメコム

レビュー投稿で1,000ポイント進呈。税別3,000円以上で送料無料、平日注文で翌日配送

商品到着後、中身を確認してからお支払い。だから安心です。

2019年 12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
2020年 01月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お知らせ

2019/11/22冬のお風呂の入り方
冬の寒いお風呂場の危険‼入浴時のヒートショック対策
 

ヒートショック」という言葉をご存知でしょうか?

体感温度が急激に変化することによって血圧が急変し、心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こす症状のことです。
場合によっては死に至る恐ろしい症状ですが、近年、日本でもこの事例が増えています。

日本では特に高齢者の被害が多く、死亡例や重篤な症例も報告されています。
ヒートショックの多くは身体が冷えている時に熱いお風呂に入ることによって引き起こされるので、常に身体の冷え切っている冷え性の方にとって、ヒートショック対策は重要な課題となります。

.辧璽肇轡腑奪対策

ショックの原因となる急激な温度の変化を避けるには、まず、衣服を脱ぐ脱衣所を温かくしておくことが大切です。

脱衣所に遠赤外線の小型ストーブを置いておくだけで、脱衣時の身体の冷えを緩和することができます。
お風呂場にも、入る前に高い位置からシャワーをかけるなどして、湯気でお風呂場全体を温めておきましょう

入る前の一杯から!

お風呂に入る前、コップに一杯の水を飲むと発汗作用が高まり、また、血圧の上昇による危険を予防することができます。

お風呂に入ると300~500mlの汗をかきますが、血液中の水分が減ると血液がドロドロの状態になります。
そうした状態で入浴していると、体温が上がるともに血圧が上昇し、脳卒中などの危険性が高まります。
そうしたリスクを抑えるためにも、入浴前には、コップ一杯のお水をゆっくり飲んでから入るようにしましょう。

Gすぎるお湯はNG!

お湯につかる前にはかかり湯をし、徐々に身体をお湯に慣らすこと。
入るお風呂を熱すぎないようにすることも大切です。

熱すぎるお湯は内臓を緊張させ、心臓に負担をかけます。冬の寒さにさらされた体を、冷えきったままでお風呂に入ると、ヒートショックの危険性も高まりますし、お肌にもよくありません。

お湯の適温は、38度から40度くらいが適温です。
ちょっとぬるいかな、と思うくらいのお湯にじっくり浸かって汗を出すのが、身体の芯から温まるための正しい入浴方法なのです。

➃しっかりかけ湯をしてゆっくりつかりましょう!

お湯につかる時は一気につからず、足先から徐々に沈み込むような感じにします。
特に、寒い冬は、足先、手先、腕、脚といった冷えている部分に熱すぎないお湯をかけて、身体と心臓をお湯にならします。
なれたところで、湯船にゆっくりと身体を沈めます。
急いで沈み込まず、少しずつそっと身体をしずめるのがコツですよ。

子供のように、心臓までドボン、なんていうつかり方は大変危険ですので、避けてください。
また、肩までどっぷりつかる必要はなく、肩先が少し出るくらいが適当です。
寒いと感じたら、タオルをかけるなどかけるといいですよ。


まとめ

寒い冬、凍えた身体を一刻も早く温めたいという気持ちは分かりますが、冷え切った身体でいきなり熱い浴槽に入るのは大変危険です。
美容にも健康にもよくありません。

ヒートショックの危険を避けるためにも、お風呂場に入る前に脱衣所を温めておく、お湯加減を適温にしておくなどのひと手間を忘れないようにしましょう。
それだけで、リスクはかなり下がります。

ぬるめの温度で湯船につかり、入浴剤やアロマなどでゆっくりリラックスして身体の芯から温まるようにしましょう。
身体が温まってきたところで足先のマッサージなどを行うと一層効果的です。

ただし、夢中になって長湯をしすぎると、のぼせてしまうのでご注意ください😊

アクセス : 19

寒さと血圧の上昇

お知らせ一覧