美容・健康・ダイエット・黒酢シリーズ、健康食品や指定医薬部外品の通販公式サイト by 株式会社アメコム

レビュー投稿で1,000ポイント進呈。税別3,000円以上で送料無料、平日注文で翌日配送

商品到着後、中身を確認してからお支払い。だから安心です。

2019年 12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     
今日
2020年 01月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

お知らせ

2019/11/14寒さと血圧の上昇
〇寒さによる高血圧の原因
 

寒さにより血圧が上がる原因は、寒さで末梢血管(まっしょうけっかん)が収縮し、血液が血管を流れるときの抵抗が強くなるため、血液を流すための強い圧力が必要になるためです。

さらに、寒さにより皮膚が刺激を受けると、交感神経(こうかん しんけい)が興奮して血圧が上がります。交感神経とは、消化・代謝などの生命活動を活発にする働きをする神経です。

皮膚への刺激による血圧の上昇は、熱さや痛みなどでも起こりますが、寒さや冷たさによる刺激はいちばん血圧への影響が大きいと言われています。

とくに冬では全身の皮膚に寒さという刺激を感じますから、血圧が急激に上がってしまうことが多いのです。

〇寒さによる高血圧への対策
 

寒さにより高血圧になるケースとしては、「冬に寝ている時にトイレに行く」、「冬の朝起きてすぐに活動する」、「暖房のきいた暖かい場所から寒い場所へ行く」などです。

これらのケースにより急激な高血圧になって、脳卒中になったり心臓に発作が起こることがあり、とても危険です。


血圧は1日のうちでは起床のときに高くなりやすいです。


また、普段から血圧が高めの人は動脈硬化のために血管の内部がせまくなったり、加齢により動脈の弾力が弱くなっているので、朝、特に寒い朝は要注意です!!

ですので、冬の夜寝ていてトイレに行くときは必ず暖かい上着を着たり、朝起きたらすぐに動かずに布団の中で身体をほぐして、それからちゃんと服を着て暖かくしてから活動するなど、寒さ対策をしっかり行いましょう。

トイレなどは、「すぐに済むから・・・」とめんどくさがらずに、ちゃんと上着をきて暖かくしてから行きましょう。


血圧は寒いと上昇します。
ですから、暖かい場所から寒い場所へ行くと血圧は急に上昇するので危険です。
特に普段から血圧が高めの人は、少しの寒さにより血圧上がってしまうので、十分注意してください😊

アクセス : 38

肌の乾燥に効く食べ物と控えたい食べ物

お知らせ一覧